手作り食講座 

手作り食って何から始めたら良いの?見よう見真似で作ってるけれどこれで良いの?うちの子にこのご飯は合ってる?トッピングって何でもいいの?獣医師にダイエットと言われたけど、これ以上ご飯の量を減らすのはかわいそう…etc

『特別』なパートナーには出来るだけ健康でいて欲しいという。その想いから、食事に対しての不安は尽きません。

───── + ❉ + ─────

フードがコロコロ変わっていませんか?

ペットフード (以下、フード) を中々食べてくれない。食べていたのに、すぐ飽きて食べなくなってしまう…。そんな状態を「フードジプシー」と言います。そして、その状態は大切なワンコさんからのSOSかもしれません。

例えばタンパク質や脂肪分の多いフードを「元気で若い子」が食べるのと、シニア犬や胃腸の弱い子、散歩も少ない超小型犬が食べるのでは、個体差もありますが違いが出る場合があります。人でも脂っぽいものが苦手だったり体に合わない方もいますよね。ワンコさんでも同じこと。そしてその子に合わないフードを食べることで身体に負担がかかる可能性があります。

では「フードを避けた方が良いのか」と言う訳ではありません。総合栄養食としてのフードは手作り食では毎日は補いにくいような栄養素も摂れるように作られています。様々な年齢や犬種に応じたレパートリーもありフードはとても便利なものです。そしておやつやフードも口にするもの全てを含めて、その子に適した食事を心がけてあげることが私達飼い主には大切なのです。

───── + ❉ + ─────

手作り食は栄養が足りないのではと心配に思う方もいらっしゃると思います。実際、私がそうでした。
我が家も過去にフードジプシーでした。様々なフードを試すも、ご飯の時間になると逃げ回り、やっとのことで食べてくれる。そんな状態でした。そして季節ごとの未病を繰り返す様になり、どうしたら良いのだろう?と悩んだ末に辿り着いたのが「手作り食」でした。

手作り食はその時々の体調で調節が出来ることが最大の利点です。そして、我が子に適したフードも選ぶことで、今では手作り食とフードの両方喜んで食べる様になりました。今では未病も改善しており、ご飯の時間が待ち遠しく小躍りしてくれるまでになりました。

食べることを嫌がらないというのは有事の際にも大切なことです。食べることが好きな子は、普段と違う食べ物しか用意が出来ない場合も、それを食べてくれる可能性があります。そういった面でもフードジプシーを克服することは大切なことだと思います。

───── + ❉ + ─────

❉ especialで学ぶ「手作り食」

especialで行う「手作り食講座」では、手に入りやすいお手頃な食材で簡単に作れる、そしてワンちゃんが喜んでくれる手作りご飯を楽しめる内容になっております。飼い主様の手作り食でワンコさんの生活をより豊かにするお手伝いが出来れば嬉しいです。

手作り食 基本講座内容
・ペットフードの歴史
・ペットフードの選び方
・手作り食への考え方
・身体の基本知識
・三大栄養素について
・ビタミン、ミネラルについて
・水について
・食材の選び方
・調理法
・適量の判断
・ご飯が合っているか見分け方
・下痢や便秘などへの対応の仕方
  • 横浜市都筑区の自宅にて講座をいたします。詳しい場所はご予約の確認時にお伝えします。
  • 駐車場は1台分ご用意ございます。電車で御来訪の場合は仲町台駅、センター南駅、センター北駅のいずれかまでお迎えにあがります。